バイアグラ同様に勃起を促進する効果があるレビトラ

日本ではEDの治療の際に処方が認められている治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。

その中でも世界的に人気が高いのはバイアグラと言っても良いでしょう。

しかし、バイアグラは経口タイプのED治療薬の中では最も古い治療薬なのです。

今では、バイアグラよりも優れた治療薬が開発されており、そのうちのひとつがレビトラです。

このレビトラは日本では最も人気が高い治療薬といわれており、バイアグラと同様にEDの原因である動脈を細くし血流量を減らす酵素、PDE-5の活動を抑制し勃起を促進する効果があります。

また、即効性と効果持続に関してもバイアグラよりも優れており、レビトラの服用後15分〜30分後に効果を発揮し、最大で10時間の効果持続時間が確認されています。

他のED治療薬と比べると小粒で飲みやすく、食後の服用であっても効果の減弱があまり見られないという特徴も持っています。

さらに、レビトラはバイアグラで十分な効果が得られなかったED患者にも有効なケースがあることが認めれていて、バイアグラでは効果のなかったED患者からも注目が集まりました。

そのため、重度のED患者の間でもレビトラの使用率が高いと言われています。

したがって、現存するED治療薬の中でレビトラは効果が強いとも言われています。