バイアグラのメカニズム

バイアグラは世界で初めてED治療薬として認められた医薬品です。
その歴史は実はまだ浅いもので
1990年代に開発されました。
日本で販売されるようになったのも1999年の3月の出来事です。

これによってEDに悩む多くの日本人男性の心の支えとなってくれました。
実は元々バイアグラはED治療薬の為に開発されたのではなく
狭心症の治療薬として開発されたものだったんです。
製造元はファイザー株式会社で
バイアグラの有効成分はシルデナフィルという成分が配合されています。
狭心症の治療薬としての臨床試験を勧めていく過程で
狭心症の治療薬というよりはED治療薬としての効果の方が期待できるという事で
バイアグラがED治療薬として認識されるようになりました。

このバイアグラに含まれているシルデナフィルという成分の効果は
陰茎の海綿体に存在している
ホスホジエステラーゼ5と呼ばれる酵素の働きを抑制させる効果があります。
ホスホジエステラーゼ5の働きとは
ペニスが勃起するのを抑える働きがあります。
ですのでもしホスホジエステラーゼ5がしっかりと働いてくれていないと
ちょっとした事ですぐに勃起してしまって
日常生活もままならなくなってしまいます。
ですので私達の体には必要な酵素です。

使い勝手の良いED治療薬シアリス